HIJIKI

ひじき

HIJIKI

ひじき写真

ヒジキは主に食材として利用されます。干ひじき(ほしひじき)として販売されることが多く、生きている間は茶色~褐色ですが、加工するにつれ真黒になります。
干ひじきは、水で戻してから醤油、砂糖などで煮て食べる「ひじきの五目煮」がポピュラーですが、豆腐やおからなどに混ぜた「しらえ」も地元の人に古くから愛されています。北浦のひじきはのびきっていない新芽を刈り取って製品としていますので、柔らかいのが特徴です。近年はひじきご飯に加え、サラダ、酢の物、天ぷらなど幅広い料理に利用されています。

  1. 魚データ

魚名:ひじき

●養殖or天然 天然

●漁獲時期  5月

●漁獲地域  北浦町

●漁獲量   ーー/年

PAGE TOP